ブーストアップ

ブーストアップ(ぶーすとあっぷ:Boost Up)とは過給器(主にターボチャージャー)付きのエンジンにおける改造方法の一つ。ターボエンジンをチューニングする場合のファーストステップとなっている。

ブーストアップの方法
エアクリーナーを風通しの良い物に交換することで、タービンへの風量が増し、過給圧が上がる。
マフラーを排気の抜けの良い物に交換し排気の流れを改善することで、タービンへの風量が増し、過給圧が上がる。
ブーストコントローラーを設置し、最大過給圧を変更する。
アクチュエーターやウエストゲートバルブなどのバイパスバルブを強化品に変更する。
調整式バイパスバルブの場合は、それを調整して最大過給圧を変更する。

メリット
特筆すべき点は「パワー的に失う物が無い」という事である。タービン交換の場合は、ピークパワーは向上しても、どこかしらの回転域で逆にパワーダウンしてしまう範囲が生ずることが多い。しかしブーストアップではノーマルを一回り太らせたような低回転から高回転まで淀みないパワーアップを望めるため、乗りやすさの悪化の心配が少ない。

スカイラインGT-R(R34型)はブーストアップで500ps(ノーマルでは280ps)も可能な場合もあり、タービン交換にも引けを取らないパワーを得ることが出来る。


デメリット
ブーストアップは、安全の為のリミッターを外す(もしくは変更する)事と同義であり、自動車メーカーの計算により設定されたエンジンやタービンへの保護機能を意図的に狂わされた事になるため、これを実行してエンジンやタービンを破損したとしても、通常はディーラー保証の対象外となる。またエンジンにより個体差が出るために、同じ過給圧をかけたとしても、故障を発生するエンジン、しないエンジンが存在する。

また、エンジンのパワーアップに伴い熱の発生が多くなる。そのために冷却系(ラジエター、オイルクーラー、インタークーラー)の強化品への変更が必要な場合も多い。車両によっては燃料ポンプやインジェクターの供給容量が需要に追いつかなくなるために交換しなければならないこともある。

また、大幅なブーストアップを行うと増加した空気の流入量に対し、標準のエンジンコントロールユニットの空燃比調整が追いつかなくなることがある。その場合、相対的に燃料が不足することとなり、空燃比がリーンになり期待したほどにパワーが上がらなかったり、燃焼室に投入される燃料の気化熱によるエンジン内部の冷却が不足しバルブが過熱により溶けてしまうなど、致命的な故障につながることがある。

このため、大幅なブーストアップを行うときには、標準のエンジンコントロールユニットの燃料マッピングデータを書き換える、もしくはチューニング専用コントロールユニットに交換して、供給する燃料を増やす必要がある。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。